メルマガ配信中

©2017-2019 ARIOSO LLC All rights reserved.

『秋の山のシンフォニー』~交響的合唱曲~(2012年初演/トキオ カントゥス ソチエタス/指揮:平井秀明/ピアノ:木村裕平) は、 交響曲(シンフォニー)の縮図のように対照的な4章で構成され、ピアノ協奏曲のカデンツァのような序章、朗々と奏でるチェロ、軽快な管楽器(トランペットやクラリネット)を想起させる第一、二章、弦楽器が描写する夕焼け雲が夜を招く美しい情景の第三章、黄昏の空に星が瞬く第四章へと多彩な書法で描かれ、コンサートやコンクールでも演奏効果抜群の作品です。

 

『彩雲』(2017年初演/室内合唱団「日唱」/指揮:平井秀明/ピアノ:松元博志)は、瑞(めでた)いことの兆しとされ瑞雲とも呼ばれ、虹のように雲が彩られる現象を表した詩に、自然の神秘や美しさを感じつつ音のパレットで描いた抒情的な作品です。

 

♪メニューバーの「SHOP/商品一覧」をクリックすると、試聴いただけます!

 

※消費税、送料別途

混声合唱組曲「自然への讃歌」(平井秀明作曲/井上灯美子作詩)

¥1,200価格